新日本プロレス- 1万8000件の顧客情報及び、クレジットカード情報が流出

新日本プロレスは、ウェブサイトが不正アクセスを受け、クレジットカード情報を含む顧客の個人情報が流出していたことを発表した。

同団体の説明にとると、4月28日 クレジットカード決済代行会社より指摘を受け調査を行ったところ、2013年8月28日から2015年4月28日までにチケットを購入したり、ファンクラブの入会や更新処理を行った最大1万8000件の顧客情報が流出したおそれがあるとのこと。

流出した顧客情報は、顧客の氏名や、所、電話番号、メールアドレスのほか、決済に利用したクレジットカード情報(1万1155件)が含まれていた。
調査の結果、ウェブアプリケーションの脆弱性を突いた攻撃を受けたのが原因だと説明している。