文部科学省- パブコメ提出者の個人情報を漏洩

文部科学省は、文書公開請求に対して文書を公開した際、個人情報が読み取れる状態で文書を公開していたことを発表した。

同省の説明によると、2014年7月に実施した「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」への意見募集について、提出された全意見の開示を求める請求があり、個人情報については不開示とした上で、2月18日付けで意見を記録したPDFファイルを含むCD-ROMを開示請求者に送付したが、PDFファイルから表計算ソフトなどへデータをコピーすると個人情報が読み取れる状態であった。

意見データでは提出者の個人情報を非公開処理したが、公開されたデータには、445件の意見が保存されており、ローマ字表記の氏名や、住所、電話番号、メールアドレスなど提出者111人分の個人情報が含まれていた。
同省の担当者が非公開処理を間違えたため、同事故が発生した。

4月28日に開示請求者から指摘があり事故が判明した。