巣鴨信用金庫- 2支店で顧客情報を流出

巣鴨信用金庫は、2支店において顧客情報を記載した伝票を紛失していることを発表した。

同金庫の説明によると、東武練馬支店において 2005年10月12日から同月21日までに扱った伝票1772件と、西川口支店で2011年3月28日に扱った98件の合計1870件の入出金伝票や振込伝票が所在不明となっているもの。
同伝票には、顧客の氏名や住所、電話番号、生年月日、口座番号などが記載されていた。

同金庫では、誤って廃棄した可能性が高いと説明している。