東栄信用金庫- 8618件の顧客情報を流出

東栄信用金庫は、顧客情報記載の伝票8618件を紛失していたことを発表した。

同金庫の説明によると、葛西支店において 2012年5月1日から29日までの19営業日分と、2013年2月26日から3月29日までの23営業日分で、あわせて8618件の預金、積立、融資などの入出金伝票を紛失したもの。

入出金伝票には、顧客の氏名や住所、電話番号、生年月日、口座番号などが記載されていた。

同金庫では、誤廃棄した可能性が高いと説明している。