ソースネクスト- サイト上で他の顧客情報を表示、他人のクレジットカード決済も

ソースネクストは、セキュリティ対策ソフトの利用登録を行った一部顧客の個人情報が他顧客へ誤表示されたり、誤ってクレジット決済が行われる不具合が発生したことを発表した。

同社の説明によると、同社製品「ウイルスセキュリティZERO特別版パッケージ」を購入し、メールアドレスを持たない人向けに提供されている「共通メールアドレス」で利用開始登録を行った顧客の一部で事故が発生していた。

「共通メールアドレス」は5205人が利用していたが、そのうち共通メールアドレスを変更せずに個人情報の登録を行った利用者が影響を受けたもので、2013年12月10日から2015年3月24日までの間、11人の氏名が共通メーアドレス利用者に閲覧できる状態となっていた。
また、2014年7月27日から2015年3月24日にかけて、5人のクレジットカード名義がほかの共通メールアドレス利用者のマイページに表示され、決済に利用できる状態であり、うち2人については、実際に決済利用されていた。

3月20日に利用者から問い合わせがあり問題が発覚。
設定ミスによる、事故であった。