eナースセンター- 承認前の求職者情報を求人施設に誤開示

看護師向けの職業紹介サイト「eナースセンター」は、求職者の承諾を得ず、個人情報を求人施設に誤って開示していたことを発表した。た。

同サイトを運営する日本看護協会の説明によると、同サイトにおいて4月13日0時から16時51分までの間、求職者の承認が得られているか確認されていない応募情報が求人施設側から閲覧可能になっていたもの。

同サイトへのアクセス履歴を解析したところ、求職者の承認前に閲覧された情報は73件(うち22件は氏名のみ、51件は氏名のほか住所、電話番号、生年月日、メールアドレス、取得免許、看護職歴などが含まれる)とのこと。

同サイトのシステム移行にともないデータ移行した際、設定上の不備があったことが原因と説明している。