佐賀銀行- 顧客情報を流出

佐賀銀行は、顧客情報が記載された伝票綴り1冊を紛失していることを発表した。

同社の説明によると、呉服町支店で保管している伝票の確認作業を行った際、2011年3月9日付けの伝票綴り1冊の紛失に気づき、同支店を含め全店舗を対象に調査を行ったが発見できなかった。
伝票には、法人顧客57件と個人顧客37件の氏名、住所、電話番号、口座番号、取引金額などが記載されていた。

同行では、保管期間終了後の不要書類とともに誤って廃棄した可能性が高いと説明している。