岩手県釜石市の中村屋- 不正アクセス により個人情報とカード情報流出

海鮮料理の通信販売などもおこなう、岩手県釜石市の中村屋は、オンラインショップ利用者のクレジットカード情報1422件が流出したことを発表した。

同社の説明によると、9月26日に同社ウェブサーバの脆弱性が不正アクセスを受けてバックドアが設置され、その後プログラムの改ざんにより顧客情報が外部へ流出したもの。
2014年12月24日にクレジットカード会社よりクレジットカード情報が漏洩している可能性があるとの連絡を受け、調査をおこなったところ事故が判明した。

流出したのは、2014年11月8日から12月24日に、商品購入時にクレジットカード決済を利用した顧客情報1422件の氏名、住所のほか、クレジットカード番号や有効期限、セキュリティコードなどと、メールアドレス464件及び、9月26日から11月7日までの間に、カード決済を利用した顧客223件のカード情報についても流出した可能性がある。