首都大学東京- 学生や教員などの個人情報5万件を流出

首都大学東京は、学内で利用していたネットワーク接続されたハードディスクの設定ミスにより、個人情報約5万1000件が外部からアクセス可能な状態にあったことを発表した。

同校の説明によると、外部からアクセス可能となっていたのは、同大南大沢キャンパスの教務課が管理しているNAS(ネットワーク接続型ハードディスク)。
NAS内に保存されていたのは、学生や教員の氏名、住所、電話番号、生年月日、一部メールアドレスや修得単位数、TOEICのスコアなど 約1万5000人分と、入学手続予定者 約1万人分(うち学外1500人)、や教員免許状更新講習受講者 約9000人などの他、学外の関係者の情報も保存されていた。

流出した個人情報は、約5万1000人分にのぼり、2014年8月22日から2015年1月5日までの間、外部からアクセスできる状態にあった。
NASの設定を、外部アクセス可能な初期状態のままで利用しており、FTP接続時のIDやパスワード設定もされていないため誰でもデータを閲覧・コピーできる状態であった。また、保存データの多くはパスワード保護されていなかった。

1月1日に学外からメールで指摘があり、事故が発覚した。


Warning: Use of undefined constant rand - assumed 'rand' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/vuser02/0/4/0196840023/www.knowledge-s.com/news/wp-content/themes/portal/single.php on line 23