福岡市立こども病院- 患者の個人情報が流出

福岡市立こども病院は、患者の個人情報が流出したことを発表した。

同病院の説明によると、医療機器の使用履歴に関するバックアップデータ保存用に利用していたUSBメモリが紛失したもので、USBメモリには 患者20人の氏名、生年月日、性別、ID、投薬量などが記録されていた。
データにはパスワードが設定されており、医療機器のシステムがないと復元や閲覧はできないとのこと。
2014年12月26日に職員が執務室で同USBメモリを使おうとしたところ、なくなっていることに気付いた。

同病院では、2014年の移転作業中に誤って廃棄した可能性が高いと説明している。


Warning: Use of undefined constant rand - assumed 'rand' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/vuser02/0/4/0196840023/www.knowledge-s.com/news/wp-content/themes/portal/single.php on line 23