ヒューマンリソシア- 源泉徴収票の誤送付で個人情報を流出

労働者派遣事業などをおこなうヒューマンリソシアが、源泉徴収票7543件を誤送付し個人情報を流出したことを発表した。

同社の説明によると、2014年の給与支払者へ源泉徴収票を送付する際、誤って本来の送付先とは関係ない別の送付先に誤送付したもので、少なくとも7543件を誤送付した。

送付リストを委託先で作成した際、作業ミスにより氏名と住所の組み合わせが異なる状態となり、そのまま送付したことが原因。
スタッフからの指摘で事故が判明した。