伊達信用金庫- 休眠口座の印鑑票などを全店舗で紛失

伊達信用金庫は、休眠口座の印鑑票1万3724件、および元帳442件などを紛失していることを発表した。

同金庫の説明によると、休眠口座の印鑑票が一部店舗で紛失していたことから、休眠口座の印鑑票などの保管状況を全店調査した結果、全店舗で休眠口座の印鑑票および元帳の一部が紛失していた。

紛失した印鑑票は1万3724件で、顧客の氏名、住所、電話番号、生年月日、口座番号、印影などが記載されていた。また、元帳は442件が紛失しており、元帳には氏名と残高が記載されいた。

同金庫では、通常解約された口座の印鑑票は解約後10年で廃棄するため、その際に休眠口座の印鑑票や元帳も誤って廃棄した可能性が高いと説明している。


Warning: Use of undefined constant rand - assumed 'rand' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/vuser02/0/4/0196840023/www.knowledge-s.com/news/wp-content/themes/portal/single.php on line 23