金沢信用金庫- 顧客情報記載の帳票7500件を紛失

金沢信用金庫は、安原支店と小立野支店において、あわせて7508件の顧客情報が記載された帳票を紛失していることを発表した。

同金庫の説明によると、文書の集中管理を進めるため、保管している帳票の管理状況を自主点検したところ、安原支店において2008年6月から9月に扱った為替関係帳票綴り、 及び小立野支店において2006年9月から2007年3月までの為替関係帳票綴りが紛失していることがわかった。

紛失件数は安原支店が5054件、小立野支店が2454件のあわせて7508件で、顧客の氏名、住所、電話番号、口座番号、取引金額などが記載されていた。

同2支店以外にも10支店において文書の紛失が発覚したが、廃棄証明書などが残っており 保管期間終了前に誤って廃棄していた。


Warning: Use of undefined constant rand - assumed 'rand' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/vuser02/0/4/0196840023/www.knowledge-s.com/news/wp-content/themes/portal/single.php on line 23