九州大学病院- 母体や乳児の患者情報を流出

九州大学病院は、同病院の医師がひったくりに遭い、患者の個人情報を保存したUSBメモリが持ち去られたことを発表した。

同病院の説明によると、2014年12月18日 同病院の医師が帰宅後に再度自転車で外出した際、バイクに乗った2人組に鞄を強奪されたもの。鞄の中には、医師が研究目的で収集した患者91人の情報を保存したUSBメモリが入っていた。

奪われたUSBメモリには、患者91人の氏名や年齢、使用した薬剤の名称、細菌検査の結果にくわえ、出産した乳児の体重や性別、発育状態、そのほか記号化したデータなどが含まれていた。
USBメモリにセキュリティ対策は講じていなかった。


Warning: Use of undefined constant rand - assumed 'rand' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/vuser02/0/4/0196840023/www.knowledge-s.com/news/wp-content/themes/portal/single.php on line 23