大阪府羽曳野市役所- 個人情報含む申請書を紛失

大阪府羽曳野市は、羽曳野市役所で先月、個人情報を含む介護保険の申請書を紛失していることを発見し発表した。

同市の説明によると、10月20日昼、住民の個人情報を記載した数枚の介護保険の申請書類が高年介護課の机の引き出しからなくなっていることに担当職員が気づいたもの。
書類には住民の住所、氏名や口座番号などが記されていた。書類は、前週末の17日に同職員が引き出しに入れて鍵をかけて保管。鍵は同課の指定の場所で保管していた。机を壊された形跡などはなかった。

同市では昨年9月、同じ1階にある福祉支援課で障害者2人の個人情報を記した書類22枚がなくなっており、慎重に関連を調べている。