MRT- 登録医師など1万7000件の個人情報を流出

医療関係者向け転職情報サイトを運営するMRTの元従業員が、医師や看護師の個人情報を不正に取得し、不正競争防止法違反の容疑で警視庁に逮捕された。

元従業員が、同社の会員サイトに登録していた医師や看護師などの氏名、住所、電話番号、性別、最終学歴などの個人情報を不正に入手した不正競争防止法違反の容疑で、10月14日に警視庁に逮捕されたもの。

逮捕された元従業員は、2012年1月から同年7月までの半年間、同社でシステム担当者として勤務。持ち出した情報は、1万7000人分にのぼると見られている。