大阪市立野里小学校- 全校児童の個人情報を流失

大阪市教育委員会は、大阪市立野里小学校の教員が、全校児童349人の個人情報を記載した班編成表を紛失したことを発表した。

同市教委の発表によると、同校で10月31日に全校児童による遠足を実施した際、引率した教職員が指導のために持ち出した児童の班編成表の1枚が紛失したもの。
班編成表には、全校児童349人の氏名、学年、クラスが記載されていた。