通販サイト「クルアチーニC」「クルアチーニ」- カード情報2万2000件が流出

海外ブランドの服飾雑貨を販売するリデアは、オンラインショップが不正アクセスを受け、クレジットカード情報2万2544件が流出したことを発表した。カード情報には、セキュリティコードも含まれていた。

同社の説明によると、10月8日から15日にかけて脆弱性を攻撃されサーバへの侵入を許し、顧客のクレジットカード情報を取得された。
10月16日にクレジットカード決済代行会社よりカード情報が流出した可能性があると指摘を受け、サイトを停止して調査を行ったところ事故が判明した。

不正アクセスを受けたのは、ブレスレットの通販サイト「クルアチーニC」。同じシステムで運用しており、10月24日にサイトを停止したニットの通販サイト「クルアチーニ」の顧客についてもクレジットカード情報が漏洩していた。

今回の不正アクセスは、SQLインジェクションの脆弱性を突かれたもので、サイトで利用していたコンテンツマネジメントシステム(CMS)「WordPress」のアカウント情報が奪われたことが原因だと説明している。

流出した情報は、2013年3月8日から2014年10月15日にかけて「クルアチーニC」で利用されたクレジットカード情報2万2301件、および2013年3月21日から2014年10月20日までに「クルアチーニ」で利用されたクレジットカード情報243件。いずれもクレジットカード番号、有効期限、セキュリティコードが含まれていた。