京都労働局- 労災保険関連書類を紛失し、個人情報を漏えい

京都労働局は、労災の関連書類6件が、6月に紛失していたことを発表した。書類には、38人分の個人情報が記載されてた。

同局の説明によると、同局京都上労働基準監督署で、6月19日に事故の相手方への債権額を京都労働局長に通知するための通知書4件を紛失していることに気が付いた。通知書には、被災した労働者や事故の相手の氏名が記載されていた。

また、6月25日に、労働基準部労災補償課において、事故の相手方への債権額を決定するための決議書2件が紛失していることが判明した。
決議書には、被災した労働者と事故の相手の氏名、住所、生年月日、免許証番号、所属事業所の担当者名などが記載されていた。