対日貿易投資交流促進協会- 不正アクセスで個人情報が流出

対日貿易投資交流促進協会(MIPRO)は、ウェブサイトが不正アクセスを受け、セミナー参加者の個人情報が流出したことを発表した。

同協会の説明によると、ウェブサイトが不正アクセスを受け、サーバー内に保有する個人情報が流出していたことが判明したもの。
流出したのは、セミナー参加者13人の氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどで、一部企業名やファックス番号なども含まれていた。

JPCERTコーディネーションセンターから連絡があり、不正アクセスに気付いた。