創業塾とは


国内企業の約70%が3年以内に倒産しています。10年以内は93%と言われており、3年経たないうちに10社のうち3社しか生き残れない状況です。

この数字から「会社を作ることは簡単だが、会社(組織)を存続させていくことがいかに難しいか」お解かり頂けると思います。



「創業塾」では、起業を考えておられる方に、失敗しない起業。 企業経営をするためのエッセンスや最低知識、会社を存続させ かつ利益を上げ続けるにはどうしたら良いのかについて、さまざまな視点から学んでいただけます。


特徴1. 教育方法が違います


「創業塾」は、単に講義を聴くだけのセミナーや、事例を基にワークを進めるような研修スタイルではありません。

事業を創業をするために必要なエッセンスとノウハウを伝授しながら、ご自分が起業しようとしているプランを自ら作成・見直しし、創業した会社が存続し続けられる事業プラン・アクションプランを具現化していきます。


「創業塾」のカリキュラムは、以下の構成となっています。

① 創業、企業経営に必要なノウハウを伝授

② 自分の事業化プランを検討・作成し具現化する

③ 講師・他生徒からのアドバイス、意見交換により、明確化していない事業プランを明確化する

④ 確実な事業プラン・アクションプランを完成させる




特徴2. カリキュラムが違います


「創業塾」は、5つのカリキュラムから構成されています。

この、5つのカリキュラムを受講いただくことで、創業のために必要なノウハウ、事業化のプラン・アクション計画、法人設立のためのノウハウを習得いただけます。



カリキュラム名    ガイダンス概要

Ⅰ、創業理念

① 創業とは
② 創業の目的と理念
③ 創業の覚悟、事業を辞めた場合のリスク


Ⅱ、プランの明確化

① 創業のための資金計画
② 事業計画、アクションプランの作成
③ 事業化のマーケティング分析
④ ブランディング分析、事業優位性分析


Ⅲ、経営者の必須知識

① 経理、税務の知識
② 資金調達の知識(補助金、資金集めなど)
③ 業務で使うIT知識
④ 商品・サービスの広告、告知知識
⑤ 情報交換、共有環境の作り方
⑥ 協力メンバー、従業員の役割と接し方


Ⅳ、プラン見直しと補強

① ビジネスプランの見直し
② アクションプランの見直し
③ 事業リスク管理とリスク対処方法
④ 詳細アクションプラン作成


Ⅴ、宣言と手続き

① 事業プラン発表と宣言
② 関係者への告知と協力取り付け
③ 創業書類、申告書類、決算書の作成方法

「創業塾」の受講期間・受講方法



受講期間

17日間  (約3ヶ月間の中で受講日程を設定します)
[1日7時間程度]

5名以上の受講希望で、開催スケジュールを確定いたします。
国内の主要都市で開催をおこないえます。

詳細は、お問い合わせください。

受講予約


受講希望者が5名以上になりましたら研修をおこないます。
受講希望月の2ヶ月前までに、受講予約をしてください。

ご質問、受講費用などのお問合わせ、受講予約は「お問い合わせ」からお願い致します。

(研修費用は、事業開始後、事業経費として処理いただけます)



※ 商工団体、創業支援団体において、「創業塾」の開催、既存研修への組み込みなどが可能です。

  詳細については、お問い合わせください。


Copyright(c) Knowledge Solutions Corporation.