BCP運用サービスとは


大震災や異常気象などで、企業の多くが、貴重な人材を失ったり、設備を失ったことで、廃業に追い込まれました。

また、被災の影響が少なかった企業においても、復旧が遅れ自社の製品・サービスが供給できず、その結果顧客が離れ、事業を縮小し従業員を解雇しなければならないケースも見受けられました。


BCP(事業継続計画)とは、災害などのリスクが発生したときに重要業務が中断しない。また、万一事業活動が中断した場合でも、速やかに重要業務を再開させる、事業に与える影響を最小化し、事業の中断を防ぐための考え方です。


BCP運用サービスとは、企業の存続を脅かす事象(脅威)が発生した場合、その事象に抵抗力(レジリエンシー)を確保し、企業のサービスを継続して維持するための仕組みを作る統治サービスです。

特徴1.BCP作成から、運用に至るまで継続的にサポートいたします


BCP運用サービスは、BCP(事業継続計画)の作成だけでなく、BCP活動の運用・運用の見直しまで、継続的にサポートさせていただきます。

不測の事態に備え、災害時でも確実に事業が継続できるように、BCP運用サービスで企業活動を守り固めてください。




特徴2.短時間で実践的なBCPが完成します


現存する多くのガイドラインには、不足項目が多く、確実なBCPを作成・運用するには問題のあるものが多く存在していたため、BCP運用サービスは、主要省庁のBCPガイドライン、運用指針及び、IOS22301で定められたBCMSに準拠した独自の作成ガイドライン、チェックシートを用意しています。




BCP運用サービスの、BCP作成ガイド、チェックシートは、主要省庁の定めるBCPガイドライン、運用指針及び、IOS22301で定めるBCMSに準拠しておりますので、BCP活動の他社連携などにおいても問題なく運用いただけます。



BCP運用サービスでは、BCP運用規則集を作ることが主眼でなく、漏れのない確実なBCPルールを速やかに作成し、運用することに主眼を置いています。

中堅規模の企業様で、2か月程度でBCP作成と運用をおこなって頂けます。


特徴3.様々なBCP融資基準に対応しています


BCP運用サービスは、主要省庁が定めるガイドランに準拠しているため、BCP対策・活動費用、防災対策費用などに低金利融資を活用頂くことが可能となります。


BCP活動・防災対策に必要なコストは、BCP作成作業中に明確になりますので、低金利融資を活用した防災対策をおこなっていただけます。



特徴4. ISO22301準拠のため、将来的にISO認証取得が可能です


BCP運用サービスは、ISO22301 国際規格に準拠しておりすので、将来的にISO22301認証を取得いただくことが可能です。


BCP運用サービスは、「短期に事業継続計画(BCP)を完成し、速やかにBCP運用に入れる」ようにするためのものであるため、ISO認証を取得するためには、文書管理、内部監査・教育規程などの規程類を追加・整備する必要です。

ISO22301の認証取得、既存ISOとの統合については、別途 ご相談ください。


BCP運用サービスの作業期間・料金



料金(例)

基本料金= 170万円(税別)
(従業員数200人、拠点2箇所[同都道府県]以下の場合)

拠点数、会社規模により料金が異なりますが、中堅企業の場合200~300万円程度となります。
詳細は、お問い合わせください。

作業期間(例)


BCP策定から、運用まで 2ヶ月
3ヶ月目に、運用状況の評価、見直し会議を実施致します。
(従業員数200人、拠点2箇所[同都道府県]以下の場合)

拠点数、会社規模、社内ワーキングチーム体制などにより作業期間が異なりますが、中堅企業の場合2~3ヶ月程度となります。
上記例では、社内ワーキングチーム 0.5人月の作業が発生します。


継続サポート

継続サポート費用= 17万円/年 (税別)
(翌年より、継続サポートが必要な場合に発生する費用です。)

費用に含まれるもの:
① 追加データ(根拠データ、新たな脅威等の追加データ)
② BCM作成に関する改訂データ
③ 該当年度別教育資料データ
④ 運用状況の評価、見直し会議
 

Copyright(c) Knowledge Solutions Corporation.