対象となる作業内容

1. 品質管理、人材管理、組織管理の再構築

2. 業務再構築 (BPR/BSC/6σ等の導入)

3. 事業戦略立案

4. ナレッジマネージメント構築

5. アウトソース変更プロセス構築

6. CRM導入、SCM導入、ASP導入

マネジメントコンサルティングの特徴

新たなマネジメント方法の導入、業務改革を実施する時に利用される方法論はBPRやBSC、6σ、ナレッジマネージメント、戦略アウトソーシングなど多くの方法論が実在しています。

しかし、これらの方法論は、各々考え方・運用範囲などが異なります。

また、企業の成り立ちや特性、事業ドメイン等により不向きな方法論やパフォーマンスを出せない方法論が存在します。

多くの企業で、これらのマネージメントシステムや方法論の導入が成功しないのは、単一のマネージメント側面しか見ずに方法論を取り入れようとするからです。


当社がおこなう マネージメントコンサルティングは、コンサルティング作業着手までに お客様企業の特性を判断し、最も効果を生み出せる方法論を選択し、関連するマネージメント要件を明確に定義した上で、お客様企業の特性を考慮した方法論に変更してからコンサルティング作業を進めます。

また、マネージメント部分の見直しをおこなうだけでなく同時に業務プロセスの変更や、経営活動との整合性を取りながらITツールの検討などをおこない最高のパフォーマンスを実現できる業務の流れを作り上げていきます。

この手法により、お客様企業の強みを最大限に生かし弱みを補完できる業務プロセスに切替えることが可能となります。



Copyright(c) Knowledge Solutions Corporation.